情報共有、体験共有の在り方の見直し

情報共有の見直し

管理人さんは、情報や体験の共有の在り方こそが今後のマーケティングへの影響や効果、成果などにもつながるし明暗がわかれるポイントだと思っていて、

去年(2022年)の反省をかてに、情報共有、体験共有の在り方の見直しをしたいと思います。

情報共有と体験共有の最善の方法は、コミュニケーションの目的や対象によって異なる場合もありますが、以下のアプローチの方法で効果をみたいと考えています。

1.適切なプラットフォームの再選択:

情報や体験を共有するためには、適切なプラットフォームを選びカスタムすることが重要です。例えば、メール、チャット、ソーシャルメディア、ビデオ会議ツールなど、目的や相手のニーズに合わせたツールを選ぼうと思います。(オープンソースの改造など見直す)

2.明確な目的の再設定:

共有する情報や体験の目的を明確にすることが重要だと思っています。共有したい情報や体験の中心的なポイントやメッセージを再度整理し、相手に伝えたい内容を明確にしようと思います。

3.シンプルでわかりやすい表現:

情報や体験を共有する際は、シンプルでわかりやすい表現を心がけようと思います。できるだけ冗長な表現や専門用語は避け、具体的な事例や説明を用いて相手が理解しやすい形で伝えるようにたいと思う。
が、テクニカルガイドなどの技術的な個所は仕方ないのかなと思います。

4.相手のニーズやバックグラウンドを考慮する

共有する情報や体験を相手に合わせて調整することが重要だと思っています。相手のWEB知識レベルや興味関心に合わせて説明を行い、相手が関心を持つ可能性が高い側面を応援できるようなテクノロジーを提案したいと思います。

5.相互参加を促す:

情報や体験を共有する際は、相手の参加を促すことでより良い対話が生まれることが経験上あります。相手に質問を投げかけたり、意見を求めたりすることで、相手が積極的に関わることができると思います。

6.マルチメディアの活用

文字だけでなく、画像、動画、音声などのマルチメディア要素を活用することで、より具体的で生き生きとした情報や体験を共有することができますので、この部分は、これから新しいマルチメディアも含め検討していきたいと思います。

7.フィードバックの受け入れと活用:

有した情報や体験に対するフィードバックを受け入れ、改善に活かすことが大切です。相手からの意見や感想を真摯に受け止め、それを次の共有の際に反映させることで、より良い情報共有や体験共有ができるようになると思っています。

上記をまとめると、これからの改善点ふくめ最善策はこんな感じでまとめてみました。

情報共有の最善の方法

1.適切なプラットフォームを選択する
2.明確な目的を設定する
3.シンプルでわかりやすい表現を使う
4.相手のニーズやバックグラウンドを考慮する
5.相互参加を促す
6.マルチメディアを活用する
7.フィードバックを受け入れて活用する

体験共有の最善の方法

1.共有したい体験の目的を明確にする
2.具体的な事例や説明を用いて表現する
3.相手の関心や背景に合わせて調整する
4.相手の参加を促す質問や意見の求め方をする
5.マルチメディア要素を活用する
6.フィードバックを受け入れて改善に活かす

このように、情報共有と体験共有にはいくつかの共通するポイントがありますが、それぞれの特性や目的に応じて微調整することが重要です。参考にしながら、効果的な共有方法を実践していこうと思います。


Tag: マーケティング 管理人の話

コメント


認証コード2415

コメントは管理者の承認後に表示されます。